top of page
  • abanionikyu

病院の受診を嫌がる方の心理とは⁉




高齢者が病院に行きたくないと感じる心理的な要因はいくつかあります。

ご紹介する要因は、一般的なものですが、個人によって異なる場合もあります。

アプローチの方法も紹介します。


●不安と恐怖

病院は医療的な環境であり、検査や治療の経験によって不安や恐怖心が生じることがあります。

針や手術などのプロセスが特に心理的な負担をかけることがあります。

●社会的孤立感

高齢者は家族や友人との交流が限られる場合があるため、

病院に行くことは孤独感を増幅させる場合があります。

●記憶障害

認知症や記憶障害を抱える高齢者は、病院に行くことへの理解が難しい場合があります。

新しい環境や医療用語に戸惑いを感じることもあります。

●体力の低下

高齢者は身体的な制約により、外出や病院への移動が困難な場合があります。

これにより、病院に行くことへのハードルが高くなることがあります。

●不快な経験の過去

過去に病院で不快な経験をした高齢者は、

再び同じ経験をすることへの恐れや嫌悪感から病院に行きたくないと感じることがあります。

●無知や情報不足

病院に行くことの必要性や利点についての情報が不足している場合、

高齢者は病院受診を避ける可能性があります。


これらの要因を理解し、

高齢者が病院に行くことへの抵抗感を軽減するためには、

次のようなアプローチが役立つ場合があります。


●コミュニケーション

高齢者と十分にコミュニケーションを取り、

病院受診に対する不安や恐れを共有することで、

理解を深めることが重要です。

●サポート体制の提供

家族や友人、介護者などのサポートを提供し、

病院に行く際の手続きや移動などを支援することで、

高齢者の負担を軽減します。

●経験豊富な医療スタッフ

経験豊富で優しい医療スタッフが高齢者に対応することで、

安心感を提供することができます。

●予防的なアプローチ

定期的な健康チェックや健康状態のモニタリングを通じて、

早期発見や予防に重点を置くことで、

病院受診をより積極的に受け入れる可能性があります。


最終的には、高齢者の個々のニーズや状況を理解し、

その人に適した方法でサポートすることが重要です。

病院受診のメリットを丁寧に説明し、

信頼関係を築くことで、

高齢者が適切な医療ケアを受けることができるようになります。

最新記事

すべて表示

令和05年05月01日 サービスゑんドゥジュール 管理者 稲葉 知宏 令和5年度 介護職員処遇改善加算Ⅰ及び 介護職員等特定処遇改善加算Ⅱ及び ベースアップ加算の周知文 職場環境等要件の取組 入職に向けた取り組み 〇法人や事業所の経営理念やケア方針・人材育成方針、その実現のための施策・仕組みなどの明確化 〇他産業からの転職者、主婦層、中高年齢者、経験者・有資格者等にこだわらない幅広い採用の仕組みの

bottom of page